自転車で巡る慶州2 韓国  千葉市の植木屋『千葉水石』
HOMEお問い合わせ
自転車で巡る慶州2  韓国  校洞~月城~雁鴨池
校洞石燈の家(교동석등있는집)
                     慶州市校洞64-1
かりん茶で休憩、庭を見せてもらう
カフェの裏庭に石燈がある
校洞石燈の家裏庭

慶尚北道の文化財の校洞石燈の他、石燈部材、礎石
仏像台座など数多くの石造品がある
校洞石燈
              高約3m 花崗岩 統一新羅時代
伝興輪寺址(新羅最初のお寺)から出土
石燈基礎では珍しく基礎側面に十二支神像を刻む
校洞石燈基礎

基礎側面に十二支神像
石燈基礎周囲の土留め石
                  花崗岩 統一新羅時代
側面に格狭間
三層石塔 (校洞石燈の家裏庭)
              高約3m 花崗岩 統一新羅時代
寄せ集め、基壇なし
中台 (校洞石燈の家裏庭)
              幅90㎝ 花崗岩 統一新羅時代
裏側割れてなし

校洞崔氏古宅
                      慶州市校洞69
1779年頃の慶州名士の建物
崔氏古宅石燈基礎
              幅80㎝ 花崗岩 統一新羅時代
庭燎台
ていりょうだい にわび(庭の灯り、かがり火の台)に再利用
名家 
                     慶州市校洞65
調べてあった食堂がしまっていて、昼食はこちらで韓定食
蓮の葉定食
                         w15,000
            
月精橋

760年頃に造られた橋の復元
中を通って渡れる
瞻星台せんせいだい(첨성대チョムソンデ)
               高9.17m 花崗岩 三国時代
現存する東洋最古の天文台といわれている
632~646年の建立

月城から瞻星台の眺め

瞻星台から月城へ、少し登り、自転車を押して
石氷庫

石で造られた朝鮮時代の氷の保管庫
1741年100m西側から移築 
石氷庫内部

天井は、アーチ形
3ヶ所排気孔がある 
月城井戸址
              幅150㎝ 花崗岩 統一新羅時代
いつの頃の井戸か?石氷庫と関係があるのか?
石氷庫から100m南西
国立慶州博物館
                       入場無料
石氷庫から坂を下って幹線道路を右折すぐ
今日は、屋外展示場だけ見てまわる
慶州駅

国立慶州博物館を出て幹線道路(バス通り)を北上、一本道です
博物館から20分位
皇吾洞三層石塔
               高約4.5m 花崗岩 高麗時代
駅に向って左側に
獅子寺址(狼山南)から1936年移転
台座
               幅約180㎝ 花崗岩 高麗時代
仏像などの台座か?
石燈部材基礎
               幅約60㎝ 花崗岩 高麗時代?
石燈部材笠
                    花崗岩 高麗時代?
この後は、繁華街を抜けて、ホテルの方へ
新羅大鐘
                    慶州市路東洞
国立慶州博物館にある国宝『聖徳大王神鐘』をコピー
高速バスターミナル前バス停

GGホテル前のバス停(通りの向側)
自転車を返し、ホテルで休憩
その後、夕方からバスに乗って東宮と月池(雁鴨池)の夜景を見に
11番バス(仏国寺行き)20分間隔
600番バス 13分間隔
どちらでも雁鴨池へ

慶州市内バスは、T-moneyカードが使えます
チャージはコンビニで
東宮と月池(雁鴨池)券売所
                      入場料w2,000
新羅時代の庭園と建物を復元、夜10:00まで
バス停は、雁鴨池(안압지アナプチ)、博物館の一つ前
バス通り沿い、ホテル前からバスで12、3分
東宮と月池(雁鴨池)

674年半島の統一を祝って建設、その頃は、月池と呼ばれる
新羅の滅亡と共に荒廃
朝鮮時代には、水鳥の姿から雁鴨池と呼ばれる
東宮と月池(雁鴨池)

1970年代から発掘調査され
出土品は、国立慶州博物館月池館に展示
建物も一部復元されている
池の周りを回遊できるようになっている
東宮と月池(雁鴨池)

国立慶州博物館月池館に展示されている復元模型
瞻星台夜景

帰りは、瞻星台や古墳の夜景を見ながら大陵苑の脇を通って
途中、夕飯を取り、歩いて帰る
サイクリング初日、終了 2日目へ
      金海空港~慶州市~三仏寺  自転車で巡る慶州1
                               TOP