HOMEお問い合わせ
ソウル旅行 番外編
宗廟「正殿」
文人像    文人像     


仁川国際空港の到着ロビーに向かう通路に高さ5尺位の石質や形の違う
文人像が10体位並んでいます。

以前から文人像には、興味がありいろいろ見てきましたが
一ヶ所にこれだけ数があるのは初めてです。

東京青山の高橋是清翁記念公園に5体ありましたが
普通の住宅では、せいぜい一対です。文人像








千葉市内にも私の知る限り何軒か据えてある庭がありますが
よろしければ、文人像をお持ちの方ご連絡ください。
      
不老門 石臼
一枚の御影石をくりぬいた不老門 石臼の廃物利用

石積   石積   


ソウル市内の公園の自然石の土留めです。

青色、赤色、白色系など、日本の三波石に似ています。
積み方はくずれ石積が多く
凹部の所々にサツキなどを植え込んで景観を添えています。

住宅、マンションの土留め、公園、高速道路の壁面
ソウル市内のいたるところで見られます。
石積


日本では石積工事をしなくなりましたが
ソウルでは新築のマンション工事でも石を積んでいました。
  

アカマツと三脚支柱   植木      


街にみどりがあふれている印象です。
針葉樹が多く、街路樹やマンションの植栽にアカマツが多く
植えられていました。

芯食い虫は大丈夫なのか、樹齢750年のイブキ
枯れているマツは見掛けませんでした。

また、支柱が丸太の三脚支柱が多く   日本の鳥居型より効きそうです。









                     昌徳宮にある推定樹齢750年の天然記念物のイブキです。
                         以前はお香にイブキの木材が使われていたそうです
戦前の日本の銀行         
短い観光旅行でしたが、あらためて近くて近い国だと感じました。

街並みもみどりが多く、市内から山が見えるのが気に入りました

食も日本人の口に合い
また、キムチに入れる唐辛子は豊臣秀吉の時代に日本から持ち込まれたものだとはじめて知りました。
それまでは、たんなる塩漬けの白菜だったそうです。

以前は、韓国製の石製品も輸入されていましたが、今は、中国製におされて入ってきません。機会があれば見学に行きたいです。