大邱から雲門寺2 韓国
HOMEお問い合わせ
大邱から雲門寺2  韓国
金堂前の石燈は宝物指定されています。
毘盧殿前に並んだ2基の石燈は、古い写真を見るとお互いの火袋以上が入れ替わっていましたが、元に戻っています。

毘盧殿前左側の石燈は、金堂前石燈と様式、規模
がほとんど同じで
時代も同じだと思います。

それぞれの石燈の元の位置は判っていないようですが
毘盧殿は、今の大雄寶殿が建つまでは、以前の大雄寶殿で
その前に、統一新羅時代の三層石塔が2基有り、石塔2基それぞれの前に石燈が2基あったのかもしれません。

雲門寺のホームページによると1935年頃の写真の鵲鴨殿前に
石燈1基写っていたとあり、鵲鴨殿前1基、毘盧殿前1基建っていたのかもしれません。

様式、規模、時代も同じ2基の石燈があるお寺も珍しいです。

雲門寺金堂前石燈

宝物指定
雲門寺金堂前石燈立札
雲門寺金堂前石燈
高さ258㎝ 8角 花崗岩 統一新羅時代

特徴は、基礎、中台の蓮弁と笠

雲門寺金堂前石燈基礎

反花の蓮弁の中の柏の葉の様な装飾

雲門寺金堂前石燈中台

基礎と同様の蓮弁の中の文様

雲門寺金堂前石燈笠

下部に2段の受け
上部に反花

毘盧殿前石燈2基

新旧石燈が並んでいる
毘盧殿前石燈 左側
高さ270㎝ 8角 花崗岩 統一新羅時代

金堂前石燈と同じ特徴
毘盧殿前左側石燈基礎

反花の蓮弁の中の文様

            
毘盧殿前左側石燈中台

基礎と同様の蓮弁の中の文様

毘盧殿前左側石燈笠

下部に2段の受け
上部に反花

毘盧殿前石燈 右側
高さ270㎝ 8角 花崗岩 現代

新しい石燈だが、大変良く出来ている
毘盧殿前石塔2基
こちらの石塔も規模、様式がほとんど同じ
基礎に八部衆像
雲門寺三層石塔東塔 右側
高さ5.4m 花崗岩 統一新羅時代 
雲門寺三層石塔西塔 左側
高さ5.4m 花崗岩 統一新羅時代
하얀집ハヤンチブ
昼食は、雲門寺停車所に戻り近くの食堂へ
에기에운탕(소)
ナマズ鍋(小)
クセもなく見た目ほど辛くない
嶺南大学博物館

13:50 雲門寺発のバスに乗り
15:00 慶山市外バスターミナル着
ターミナルからタクシーで5分嶺南大学へ

ここも、博物館前に石造物がある

石塔材
嶺南大学博物館前庭
石燈中台
幅57㎝ 花崗岩 高麗時代?

石仏の足と台石
地下鉄嶺南大駅
博物館すぐの嶺南大駅は、地下鉄2号線の終点
半月堂駅で地下鉄1号線に乗り換えて大邱駅に
大邱から雲門寺1へ