石燈籠をたずねて 韓国南部
HOMEQ&Aお問い合わせ
韓国南部の石造品
旅行や勉強?に行った先で、古い燈籠や水鉢、石像などを集めて
みました。でも、ただ古けりゃ良いってもんでもありません。
やっぱり、姿、形が良く、品のある物がイイですね。
高さは目測、石質は推察です。アシカラズ。

韓国南部編です。
光州広域市、全羅南道、慶尚南道の石造品

日本には、平安時代以前の燈籠が不完全のがいくつかしか
残っていません。仏教と共に渡来して来た石燈籠のルーツに
興味を覚えました。


参考までに
三国時代  (      〜飛鳥時代終わり)
統一新羅時代(飛鳥時代終わり〜平安時代初め)約350年間
高麗時代  (平安時代初め〜室町時代中ごろ)約450年間
李朝時代  (室町時代中ごろ〜明治初め)  約500年間


石燈籠の各部名称
光州広域市
中興山城双獅子石燈  
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高9尺    形状 8角
所在 国立光州博物館  光州広域市北区 
備考 国宝
もと、全羅南道光陽市玉竜面中興山城内の庵にあり
いろいろ移転し、今は国立光州博物館内1階中央ホールに
双獅子石燈について
             
全羅南道
華厳寺覚皇殿前石燈 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高21尺    形状 8角
所在 華厳寺 覚皇殿前  全羅南道 求礼郡 馬山面 
備考 国宝
工事の為近寄れず
円柱状の竿、笠の上にもう一つ笠と蕾状の宝珠
             
華厳寺九層庵前石燈 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高8尺    形状 8角
所在 華厳寺 九層庵前  全羅南道 求礼郡 馬山面 
備考 大雄殿の裏の道100m先
火袋、竿後補
三層石塔あり
             
華厳寺獅子塔(露柱) 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高10尺    形状 4角
所在 華厳寺 円通殿前  全羅南道 求礼郡 馬山面 
備考 今回工事で見学できなかったが
高台にある国宝の四獅子三層石塔を真似た物か
             
華厳寺幢竿支柱 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高10尺    形状 4角
所在 華厳寺  全羅南道 求礼郡 馬山面 
備考 華厳寺入ってまもなく右側
             
潭陽邑内里石幢竿 
時代 高麗時代 石質 花崗岩
寸法 竿高15m    形状 8角
所在 全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 客舎里 
備考 珍しく石の竿、朝鮮時代1839年の再建
最上部に宝輪
             
潭陽邑内里幢竿支柱 
時代 高麗時代 石質 花崗岩
寸法 柱高2.5m    形状 4角
所在 全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 客舎里 
備考 潭陽から淳昌への街道沿いにあり
潭陽バスターミナルから歩いて15分
道路の向い側に高麗時代の五層石塔あり
             
慶尚南道
霊岩寺址双獅子石燈 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高8尺    形状 8角
所在 霊岩寺址  慶尚南道 陜川郡 佳会面 
備考 宝珠なし
双獅子石燈について
             
霊岩寺址迦陵頻伽像(かりょうびんがぞう)new 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法     形状
所在 霊岩寺址  慶尚南道 陜川郡 佳会面 
備考 迦陵頻伽とは、仏教で説かれる想像上の生物
上半身が翼を持つ菩薩、下半身が鳥

双獅子石燈の奥に金堂址あり
基壇と四方に階段が残っている
             
霊岩寺址石燈基礎new 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法     形状
所在 霊岩寺址 西金堂址  慶尚南道 陜川郡 佳会面 
備考 双獅子石燈のある場所から少し上った所に西金堂址あり

             
霊岩寺址亀趺(西亀趺)new 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 長7尺   形状
所在 霊岩寺址 西金堂址  慶尚南道 陜川郡 佳会面 
備考 亀趺(きふ)は、石碑の台石を亀の形に造ったもの
甲羅の上に石碑がのる

碑身なし
東亀趺よりこちらの方が綺麗
             
霊岩寺址亀趺(東亀趺)new 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 長8尺   形状
所在 霊岩寺址 西金堂址  慶尚南道 陜川郡 佳会面 
備考 碑身なし
西亀趺より大きい
             
海印寺石燈 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高10尺    形状 8角
所在 海印寺  慶尚南道 陜川郡  
備考 竿後補
本来の姿は、竿がこの3倍位長かったのでは?
             
HOME京都奈良市奈良市外滋賀北滋賀東滋賀南近畿関東