庭造り施工例 造園・お庭造りはお任せください 千葉市の植木屋『千葉水石』
HOMEお問い合わせ
雑木の庭
今ある竹垣と蹲踞(水鉢)を残し、既存の植木は撤去
新たに植木を植栽した庭。

新規の植栽は、施主様のご希望で
バックに竹垣(御簾垣)があるので、常緑樹は植えないで
ヤマモミジ、エゴ、コナラ、ヒメシャラなど
落葉樹主体の雑木の庭へ。

将来を見据え、最初から数多く植えずシンプルな庭へ。

初めの予定では、植木を植え、下草を植えてお引渡しでしたが
後から、竹垣も新規に作り変えました。


作り変える前の庭です
             
作り変える前の蹲踞(水鉢)周り
存植木撤去後です
ライラック、カキ、などは脇庭に移植しました
筧を作り変え
既存飛石(根府川石)を据付直しました

水鉢があると、景色のポイントになるだけでなく
水をためとくと野鳥が集まります
蹲踞(水鉢)周りの植栽です
ナツハゼ     h1.5m  (11月頃黒実)
オトコヨウゾメ  h1.5m  (10月頃赤実)
シャクナゲ(既存) h0.8m  (5月頃ピンク花、常緑)
カンツバキ(既存) h0.3m  (11月頃赤花、常緑)
トクサ  (既存) h0.6m  (常緑)
植栽終了です
葉のない時期は寂しいものですが
バックに竹垣があるので気になりません

植木は
ヤマモミジ h2.5m
エゴノキ  h2.5m  (6月頃白花)
コナラ   h3.0m
ヒメシャラ h2.7m  (6月頃白花)
ウメモドキ h1.0m  (11月頃赤実)
皆、株立です
植栽植木に竹の支柱を取付
幹の細い雑木に竹の支柱は目障りですが
根付く為に1年半〜2年の我慢です

下草の植付開始
クリスマスローズ (2月頃白、常緑)
ヤブコウジ    (11月頃赤実、常緑)
ヤブラン     (9月頃紫花、常緑)
シラン      (5月頃白花、落葉)
フウチソウ    (落葉)
ギボウシ     (落葉)
下草(タマリュウ)の植付
タマリュウは、間隔をあけて植付
2〜3年で絨毯のようになります
        
蹲踞(水鉢)周り完成です
完成です

お引渡しから3ヶ月後です(4月初め頃)
作業途中の写真がありませんが、竹垣を作り変えました
以前と同様に御簾垣(晒し竹)です
竹垣が新しくなったせいか庭が明るくなりました

雑木も芽吹いてきました
一番いい季節です
お引渡しから1年後です
ミドリの量も増え、賑やかになりました

雑木は、冬、裸木から
春先、新芽が膨らみ、そして開き
夏にかけて葉の色が淡い緑から濃い緑に変わっていきます。
植木によっては、目立たないですが花も咲きます。
秋から冬に向かってモミジやカエデの様な綺麗な紅葉は
望めませんが、赤く実のつく植木もあり
雑木の庭は、一年を通して季節の変化を楽しめます

武蔵野の雑木林をイメージしてコナラなどの単一の樹木で
植栽された(モノトーンな庭)雑木の庭も統一感があっていいですが

お好
みの花や実のなる樹種を組み合わせた(カラフルな庭)
雑木の庭もいいものです。
HOME雑木の庭板塀の庭西千葉の庭蕎麦屋の庭本郷の庭庭いろいろ竹垣植栽剪定