自転車で巡る慶州3 韓国  千葉市の植木屋『千葉水石』
HOMEお問い合わせ
自転車で巡る慶州3  韓国  芬皇寺~皇龍寺址
サイクリング2日目は、バスターミナルから慶州駅の方に
芬皇寺を目指し、皇龍寺址から狼山、普門寺址
南山東側を散策し、国立慶州博物館へ戻ってくるつもりです。

距離的には、結構ありますが、坂もなく、ほぼ平坦な道です
ただ、食堂やコンビニもあまりないので、朝、バスターミナル付近でキンパッ(韓国版海苔巻き)でも買って食べるつもりです。



地下道

芬皇寺へ行く近道、線路をくぐる
ここを通らないと博物館の方にだいぶ迂回しなければならない
左に曲がって行くと慶州駅、右は慶州博物館方面へ
芬皇寺ふんこうじ(분항사プナンサ)
              入場料w1,300 am8:00~pm6:00
バスターミナルから25分
ここも、発掘調査中
芬皇寺模塼塔ふんこうじもせんとう
            高9.3m 安山岩 634年 三国時代
安山岩を小さく割りレンガの様に積み上げた石塔
今は、3層しか残っていないが、元々は、9層又は、7層といわれている
芬皇寺石獣
                    高130㎝ 花崗岩
当初の位置は判らないが、今は、基壇の四隅に1基づつ石獅子が据えられている
西側の2基は、座っている
芬皇寺石獣
                    高100㎝ 花崗岩
東側の2基は、体を低くしている
いろいろな説が有り
獅子ではなく、海からの侵入を防ぐ海獣(オットセイ?)
西側は、オス 東側は、メス?
そもそもここの石塔ではなく、どこかの王陵から運び込まれた
など
芬皇寺模塼塔仁王像

初層の塔身の4面に入口を作り、それを守る様に左右に仁王像

芬皇寺出土石材
              
東側塀沿いに出土石材が並んでいる
芬皇寺石燈部材基礎
              幅140㎝ 花崗岩 統一新羅時代
少し欠けているが大きさもあり迫力がある
素晴らしい
芬皇寺石燈部材中台 
              幅110㎝ 花崗岩 統一新羅時代
ひょっとしたら、上の写真の基礎とペア?
芬皇寺石燈部材基礎
              幅90㎝ 花崗岩 統一新羅時代
芬皇寺和諍国師碑趺
            幅約180㎝ 花崗岩 高麗時代(1101年)
石塔の裏側に
高麗時代の碑の台座
            
芬皇寺石井
              高70㎝ 花崗岩 統一新羅時代
石塔の裏側に
龍の伝説がある8角形の井戸址
            
芬皇寺石造如来立像
              高125㎝ 花崗岩 統一新羅時代
石塔の裏側に
            
芬皇寺入口からの眺め

右側に九黄洞幢竿支柱や皇龍寺博物館が見える
左端の道を行くと皇龍寺址
とにかく広い、車は通れないので自転車で正解
九黄洞幢竿支柱
              高320㎝ 花崗岩 統一新羅時代
芬皇寺入口前に
発掘調査で名前が変わるかも(芬皇寺幢竿支柱)
九黄洞幢竿支柱礎台
                
  花崗岩 統一新羅時代
亀形の竿受
なんとなく奈良、飛鳥の亀石を思い出す
九黄洞幢竿支柱礎台裏側
                 
 花崗岩 統一新羅時代
亀形の竿受裏側
皇龍寺博物館
              入場料w3,000 am9:00~pm6:00
九重塔の模型や出土品の解説など
皇龍寺の建立から消滅までの短編アニメも上映
皇龍寺博物館入口石燈部材基礎
              幅140㎝ 花崗岩 統一新羅時代
だいぶ風化している 
皇龍寺博物館入口石燈部材中台
              幅100㎝ 花崗岩 統一新羅時代
皇龍寺博物館入口石燈部材基礎
              幅100㎝ 花崗岩 統一新羅時代
反花が2段
皇龍寺九重木塔模型
                  高8m 皇龍寺博物館1階
10分の1模型
皇龍寺九重木塔址

中央に心礎
皇龍寺模型

国立慶州博物館 新羅美術館内にある皇龍寺復元模型
皇龍寺址幢竿支柱
              高44㎝ 花崗岩 統一新羅時代
金剛力士像があった中門址右脇
皇龍寺址西側

皇龍寺址西側には、名前の判らない別の寺址が
広い原っぱに石造品、左から幢竿支柱、石塔塔身、石塔笠
皇龍寺址西側幢竿支柱
              高257㎝ 花崗岩 統一新羅時代
片側は折れている 高44㎝
皇龍寺址西側石塔塔身石
              高140㎝ 花崗岩 統一新羅時代
塔身の四天王像と笠
皇龍寺址西側石塔塔身
              高110㎝ 花崗岩 統一新羅時代
塔身石の四天王像
石造物は、原位置に遺された方がいい
開発や土地所有、盗難などの理由で博物館などに
展示されるのも仕方がないが、元の場所にあれば
風景、景色と共に元の形も想像でき楽しめる
皇龍寺址を見学して改めて思う
      金海空港~慶州市~三仏寺  自転車で巡る慶州1
校洞~月城~雁鴨池  自転車で巡る慶州2
TOP