自転車で巡る慶州5 韓国  千葉市の植木屋『千葉水石』
HOMEお問い合わせ
自転車で巡る慶州5  韓国  望徳寺址~菩提寺~上書荘
四天王寺址から幹線道路を横断し、南山の方へ
南川に架かる花郎橋の手前を川沿いに左折

望徳寺址入口
                    慶州市排盤洞964-2
自転車を降りて、田んぼの畦道を歩いて
松林が望徳寺址
望徳寺址幢竿支柱
              高299㎝ 花崗岩 統一新羅時代
どちらにも、竿を固定する孔があいていない
望徳寺木塔址

十三重木塔基礎石
書出池 
                     慶州市南山洞
望徳寺址から南川に架かる花郎橋渡り直進15分
統一殿の広い駐車場のチョット先
新羅時代、王様の命を救った手紙を持った老人が現れたという伝説がある池
書出池 二楽堂
                     慶州市南山洞973
朝鮮時代の建物
書出池にせり出すように建てられている
二楽堂石燈部材中台、基礎
                        二楽堂中庭
どちらも美しい
二楽堂石燈部材中台
           中台 幅 80㎝ 花崗岩 統一新羅時代
           
二楽堂石燈部材基礎
           基礎 幅105㎝ 花崗岩 統一新羅時代
南山洞東西三層石塔
                    慶州市南山洞227-3
書出池から南へ、二楽堂から2~3分
様式が違う石塔が向かい合っている
南山洞東三層石塔
              高704㎝ 花崗岩 統一新羅時代
屋根(笠)石をレンガの様に削った模塼石塔
基壇は、方形石を2段積み上げている
南山洞西三層石塔
              高585㎝ 花崗岩 統一新羅時代
2重基壇に3重の塔身の一般的な石塔
南山洞西三層石塔塔身
              高585㎝ 花崗岩 統一新羅時代
上基壇に8部衆
南山洞石燈部材基礎 
               幅90㎝ 花崗岩 統一新羅時代
南山洞東西三層石塔の間に
菩提寺大雄殿
                     慶州市排盤洞66-1
南山洞東西三層石塔から望徳寺址の方に引き返し
南川に架かる花郎橋を渡らず手前を左折、またすぐ、左折
菩提寺に上る坂の手前に自転車を置いて歩いて登る
これが、結構な急坂
            
菩提寺三層石塔
              高約4m 花崗岩 統一新羅時代
大雄殿前左
菩提寺

石造如来坐像は、大雄殿左手一段高いところに
南山 彌勒谷 石造如来坐像
                     慶州市排盤洞山66-1
       総高436㎝ 仏像高244㎝ 花崗岩 統一新羅時代
光背、台座、すべて揃った仏像
南山 彌勒谷 石造如来坐像
                     慶州市排盤洞山66-1
             仏像高244㎝ 花崗岩 統一新羅時代
なかなかハンサムなお顔
石造如来坐像台座
                8角 花崗岩 統一新羅時代
石造如来坐像背面仏
         
光背高270㎝ 花崗岩 統一新羅時代
光背裏側に薬師如来坐像を彫刻
菩提寺からの眺め
 
菩提寺摩崖石仏
                    慶州市排盤洞66-1
菩提寺の駐車場から登り口

10分足らずだが、結構な山道
菩提寺摩崖石仏
                  花崗岩 統一新羅時代
上書荘
                     慶州市仁旺洞274
菩提寺から南川沿いの道を月城方面(北)へ
幹線道路くぐるトンネルの手前を左側に菩提寺から15分
文昌候崔先生遺墟碑閣

上書荘への階段を登り門をくぐって左側に
上書荘石燈部材基礎
               幅75㎝ 花崗岩 統一新羅時代
月精橋

上書荘から幹線道路をくぐり月城の方へ
つき当りを左折、校洞へ
上書荘から10分
校洞のカフェでひと休みしてからホテルへ
サイクリング2日目終了
自転車の移動は、車も少なく平坦で気持ちが良かった
ただ、菩提寺へ登る坂道と菩提寺摩崖仏への山道が
チョットした登山
      金海空港~慶州市~三仏寺  自転車で巡る慶州1
校洞~月城~雁鴨池  自転車で巡る慶州2
芬皇寺~皇龍寺址  自転車で巡る慶州3
慶州教育支援庁~四天王寺址  自転車で巡る慶州4
文化院~大陵苑、金庾信将軍墓~西岳書院  自転車で巡る慶州6
武烈王陵~東国大学  自転車で巡る慶州7
TOP