自転車で巡る慶州4 韓国  千葉市の植木屋『千葉水石』
HOMEお問い合わせ
自転車で巡る慶州4  韓国  慶州教育支援庁~普門洞~四天王寺址
慶州教育支援庁
                    慶州市 東川洞 918
芬皇寺から北へ、北川を渡って10分
ここの前庭にも石塔、石燈部材がある
教育支援庁石燈部材基礎
               幅75㎝ 花崗岩 統一新羅時代
入ってすぐ左側
教育支援庁石燈部材基礎
               幅75㎝ 花崗岩 統一新羅時代
入ってすぐ左側
憲徳王陵
                     慶州市 東川洞
教育支援庁から北川沿いに10分
第41代憲徳王(在位809~826年)を安置
陵の護石に十二支像を刻む
子、丑、寅、卯、亥(豚)像のみ現存
憲徳王陵十二支像
          高110㎝ 幅60㎝ 花崗岩 統一新羅時代
亥(豚)像 
九黄洞模塼石塔址
                     慶州市 九黄洞
憲徳王陵から北川に架かる九黄橋を渡って10分
芬皇寺石塔の様な石塔址
仁王像

現在は4躯の仁王像と石塔部材が残っている
慶州博物館にも2躯展示されている
味呑寺址
                     慶州市 九黄洞
皇龍寺址南側
ここも発掘調査中
味呑寺址三層石塔 
              高612㎝ 花崗岩 統一新羅時代
1980年復元
味呑寺址石燈部材竿、基礎
        高130㎝ 基礎幅75㎝ 花崗岩 統一新羅時代
三層石塔の前に

            
皇福寺址幢竿支柱の方から三層石塔の眺め
                    慶州市 九黄洞103
味呑寺址から幹線道路を横切り皇福寺址へ
ここも発掘調査中で亀趺など見れず
皇福寺址三層石塔
           高7.3m 花崗岩 692年 統一新羅時代
1943年修理の際に内部から発見された舎利箱の蓋から
制作年代が判明
皇福寺址幢竿支柱
              高43㎝ 花崗岩 統一新羅時代
片側1柱元部のみ
三層石塔から集落の中へ、畑の中に

皇福寺址から真平王陵へ向い昼食、休憩
駐車場脇にトイレ、ベンチ有
ここからは、車も少なく田畑の中へ
普門寺址蓮華文幢竿支柱
                  慶州市 普門洞752-2
高146㎝ 花崗岩 統一新羅時代

サイズ、彫刻とも珍しい幢竿支柱
蓮華文
                       径47㎝
両支柱外側に8葉蓮弁 
普門寺址石槽
                    慶州市 普門洞848-16
        長270㎝幅120㎝高90㎝ 花崗岩 統一新羅時代
蓮華文幢竿支柱から農道を通って
普門洞寺址
                    慶州市 普門洞
西塔址からの眺め
金堂址、東西塔址が遺っている
普門寺址石燈部材基礎
              幅140㎝ 花崗岩 統一新羅時代
西塔址(小高い丘の上)に遺っている
普門寺址石燈部材笠
              幅135㎝ 花崗岩 統一新羅時代
金堂址近くに
普門洞寺址から

普門洞寺址から南西に幢竿支柱を見て
後ろ側が狼山
普門寺址幢竿支柱
                    慶州市 普門洞856-3
              高383㎝ 花崗岩 統一新羅時代

金堂址、東西塔址から南西側の少し離れた所に
先端が折れている竿の孔は貫通していない
支柱元部の段差から先端にかけて細くなっている
四天王寺址
                    慶州市 排盤洞935-2
679年仏の力で唐に対抗しようと建てた寺
金堂址、木塔址、幢竿支柱、東西亀趺が遺っている
普門寺址幢竿支柱から15分
四天王寺址幢竿支柱
              高231㎝ 花崗岩 統一新羅時代

1928年現在の道路のそばに建てられた
元位置わからず
四天王寺址西亀趺
              幅170㎝ 花崗岩 統一新羅時代
どちらの亀趺も頭部を失っている
四天王寺址東亀趺
              幅175㎝ 花崗岩 統一新羅時代
こちらの亀趺は道路から離れている
四天王寺址西亀趺
              幅170㎝ 花崗岩 統一新羅時代

四天王寺址東亀趺
              幅175㎝ 花崗岩 統一新羅時代

四天王寺址から幹線道路を渡り望徳寺址へ
      金海空港~慶州市~三仏寺  自転車で巡る慶州1
校洞~月城~雁鴨池  自転車で巡る慶州2
芬皇寺~皇龍寺址  自転車で巡る慶州3
望徳寺址~菩提寺~上書荘  自転車で巡る慶州5
文化院~大陵苑、金庾信将軍墓~西岳書院  自転車で巡る慶州6