石燈籠をたずねて 韓国 慶州郊外 千葉市の植木屋『千葉水石』
HOMEお問い合わせ
韓国 慶州市郊外の石造品
旅行や勉強?に行った先で、古い燈籠や水鉢、石像などを集めて
みました。でも、ただ古けりゃ良いってもんでもありません。
やっぱり、姿、形が良く、品のある物がイイですね。
高さは目測、石質は推察です。アシカラズ。

韓国 慶尚北道 慶州市郊外の石造品です。


日本には、平安時代以前の燈籠が不完全のがいくつかしか
残っていません。仏教と共に渡来して来た石燈籠のルーツに
興味を覚えました。


参考までに
三国時代  (      〜飛鳥時代終わり)
統一新羅時代(飛鳥時代終わり〜平安時代初め)約350年間
高麗時代  (平安時代初め〜室町時代中ごろ)約450年間
李朝時代  (室町時代中ごろ〜明治初め)  約500年間


石燈籠の各部名称
石窟庵寿光殿前石燈 new
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高12尺   形状 8角
所在 石窟庵寿光殿前   
備考

基礎のみ旧物
            

             
石窟庵寿光殿前石燈基礎 new
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 幅3.5   形状 8角
所在 石窟庵寿光殿前   
備考

8角石燈の基礎
側面に格狭間            

             
仏国寺大雄殿前石燈 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高10尺   形状 8角
所在 仏国寺 大雄殿前   
備考

シンプルで好ましい
新羅石燈籠の基本形

             
仏国寺極楽殿前石燈 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高8尺   形状 8角
所在 仏国寺 極楽殿前   
備考

火袋、中台後補、1925年竿補修
大雄殿前の石燈をひと回り小さくした感じ             

             
仏国寺石燈部材基礎 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 幅3尺   形状 8角
所在 仏国寺 羅漢殿脇トイレ前   
備考

観音殿前の石燈基礎
羅漢殿脇トイレ前に他の石造物と共に展示

             
仏国寺幢竿支柱東西2基 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高12尺   形状
所在 仏国寺 蓮華橋・七宝橋前広場   
備考

写真左側が東幢竿支柱
右側が西
幢竿支柱
1924年(大正13)に付近に倒れてあったものを修建
元来、2基並んだものとは、思われない
後の時代に掛仏を掲げるために2基並べたものか

             
仏国寺幢竿支柱東側 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高12尺   形状
所在 仏国寺 蓮華橋・七宝橋前広場   
備考

縁取りの彫刻、中央1段の落とし込み
三郎寺址
幢竿支柱に似ている

             
仏国寺幢竿支柱西側 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 高12尺   形状
所在 仏国寺 蓮華橋・七宝橋前広場   
備考

左右で形が違う
後代に組み合わせ

             
仏国寺石槽 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 幅4尺 長9尺 高2尺   形状
所在 仏国寺 博物館前   
備考

内部の底に蓮華文様
角が丸みを帯びている

             
石窟庵前石燈部材基礎 
時代 統一新羅時代 石質 花崗岩
寸法 幅3.5尺   形状 8角
所在 石窟庵前   
備考

8角石燈の基礎
どんな美しい石燈が立っていたのだろうか            

             
HOME韓国北部全羅北道全羅南道慶尚北道慶尚南道
大邱慶州中心慶州郊外慶州博物館
京都北京都南奈良市奈良市外滋賀北滋賀東滋賀南近畿関東