石燈籠をたずねて 京都北部、丹後地方  千葉市の植木屋『千葉水石』
HOMEお問い合わせ
京都北部、丹後地方の石燈籠 
旅行や勉強?に行った先で、古い燈籠や水鉢、石像などを集めて
みました。でも、ただ古けりゃ良いってもんでもありません。
やっぱり、姿、形が良く、品のある物がイイですね。
高さは目測、石質は推察です。アシカラズ。


京都北部、丹後地方編です。

特色は、形状が8角、笠の中央が高い山高帽風
宝珠、請花が大きいなど地方色有り
石燈籠の各部名称
舞鶴市

桂林寺形 (けいりんじ) 

時代 鎌倉時代     石質 花崗岩
寸法 高8尺    形状 8角
所在 桂林寺 境内左手八幡神社前  舞鶴市紺屋69  
備考 竿も8角
中台だけ作りが違うような

             

川辺八幡神社形 (かわなべはちまんじんじゃ) 

時代 南北朝時代   貞治3 1364年  石質 安山岩
寸法 高8尺    形状 8角
所在 川辺八幡神社 拝殿右手  舞鶴市川辺中354-2  
備考 完存
笠の背が高く、山高帽風
火袋の仏様もきれいに残っている
             

観音寺形 (かんのんじ) 

時代 室町時代   文亀元 1501年  石質 凝灰岩
寸法 高7尺    形状 8角
所在 観音寺 境内中門右脇  舞鶴市観音寺173-1  
備考 完存
笠の背が高く、山高帽風
             

田口神社形 (たのくちじんじゃ) 

時代 室町時代    享徳3 1454年  石質 花崗岩
寸法 高7.5尺    形状 6角
所在 田口神社 本殿右脇  舞鶴市朝来中683  
備考 火袋後補4角
丹後地方では、珍しく6角
             
京丹後市

大宮売神社東形 (おおみやのめじんじゃ) 

時代 鎌倉時代    徳治2 1307年    石質 花崗岩
寸法 高9尺    形状 8角
所在 大宮売神社 拝殿前右側  京丹後市大宮町周枳(すき)1020  
備考 完存
笠は、山高帽風
基礎側面に蓮華の近江式文様有り
二基一対ではなく別々の二社(大宮売、若宮売)が合祀され
燈籠だけが左右に
             

大宮売神社西形 (おおみやのめじんじゃ) 

時代 鎌倉時代      石質 花崗岩
寸法 高8.5尺    形状 8角
所在 大宮売神社 拝殿前左側  京丹後市大宮町周枳1020  
備考 完存
基礎側面文様なし
こちらの方が少し小ぶりだが、バランスがいい
             

溝谷神社形 (みぞたにじんじゃ)   

時代 鎌倉時代    石質 花崗岩
寸法 高8尺    形状 8角
所在 溝谷神社 拝殿左手  京丹後市弥栄町溝谷46-2
備考 完存
全体のバランスがいい
屋根に覆われているせいか石質も白くとても綺麗
             

福昌寺形 (ふくしょうじ) 

時代 南北朝時代     石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 8角
所在 福昌寺 中庭  京丹後市弥栄町黒部2292  
備考 火袋後補
溝谷神社石燈籠に似ている

ご住職がとても親切
室町時代の十三仏石塔(板碑)にも、案内していただく
             

八幡神社形 (はちまんじんじゃ) 

時代 室町時代    応永24 1417年 石質 凝灰岩
寸法 高5.5尺 形状 8角
所在 八幡神社 本殿手前右側  京丹後市久美浜町鹿野224 
備考 覆堂のなかに
すごく小ぶり

             
宮津市

籠神社形 (このじんじゃ) 

時代 鎌倉時代    嘉元3 1305年   石質 花崗岩
寸法 高8尺    形状 8角
所在 元伊勢籠神社 拝殿手前左側  宮津市大垣430  
備考 竿以下旧物
竿以下高4尺
             

籠神社狛犬 阿形 (このじんじゃ) 

時代 鎌倉時代     石質 凝灰岩
寸法 高3尺    形状
所在 元伊勢籠神社 拝殿手前右側  宮津市大垣430  
備考 獅子ではなく和風狛犬
前脚に言い伝えのキズあり
左側に吽形あり
             

高石地蔵石仏 (たかいしじぞう) 

時代 鎌倉時代    嘉暦4 1329年   石質 花崗岩
寸法 高5.5尺    形状
所在 金剛心院 山門入って右側地蔵堂内  宮津市日置2268  
備考 言い伝えによると、大阪四天王寺の鳥居の残材で彫刻し
海上輸送中に難破、その後海中から浜に打上げられた
いわれが面白く、見学に
本当に、海中でもまれたように角が取れている
以前、金剛心院の子院高石(こうしゃく)寺にあった
             
与謝郡

加悦天満宮形 (かやてんまんぐう)  

時代 鎌倉時代     石質 花崗岩
寸法 高8.5尺    形状 8角
所在 加悦天満宮 拝殿左手前  与謝郡与謝町加悦50-1  
備考 宝珠は、請花と別石
請花後補
宝珠を除けばバランス良い
             

四辻八幡神社形 (よつつじはちまんじんじゃ)  

時代 南北朝時代   永和4 1378年  石質 安山岩
寸法 高8尺    形状 8角
所在 八幡神社 石段右手  与謝郡与謝町四辻27  
備考 完存
笠の背が高く、山高帽風
宝珠大きくバランス悪い
             

下山田愛染堂形 (しもやまだあいぜんどう)   

時代 室町時代   応永33 1426年  石質 凝灰岩
寸法 高7尺    形状 8角
所在 愛染堂 左手  与謝郡与謝町下山田1511  
備考 中台後補
愛染堂の近くにあった菩提寺の物か?
同時代の宝篋印塔あり
             

雲岩寺宝篋印塔 (うんがんじ) 

時代 鎌倉時代    石質 花崗岩
寸法 高11尺    形状
所在 雲岩公園 金堂址手前  与謝郡与謝町岩屋752  
備考 雲岩公園駐車場から登り15分
ポツンと寺址に残されていて雰囲気あり

山頂に観音様を刻んだ大岩あり
             
福知山市

一宮神社形 (いっきゅうじんじゃ) 

時代 鎌倉時代     石質 花崗岩
寸法 高6.5尺    形状 8角
所在 一宮神社 本殿左脇  福知山市堀2249  
備考 完存
だいぶ破損、蕨手一箇所だけ残る

             
南丹市

阿祇園寺形 (あぎおんじ) 

時代 室町時代     石質 花崗岩
寸法 高6尺    形状 6角
所在 阿祇園寺 本堂前庭  南丹市八木町神吉中尾43  
備考 火袋後補
だいぶ小ぶり
             
亀岡市

稗田野神社形 (ひえだのじんじゃ)

時代 鎌倉時代     石質 花崗岩
寸法 高6.5尺    形状 8角
所在 稗田野神社 本殿左格子塀内  亀岡市稗田野町佐伯垣内亦1  
備考 宝珠後補
中台薄いがバランス良い

             

與能(与能)神社形 (よのじんじゃ) 

時代 室町時代   応永21 1414年  石質 安山岩
寸法 高7尺    形状 8角
所在 與能神社 本殿前  亀岡市曾我部町寺蛇谷1  
備考 火袋後補
笠の背が高く、山高帽風
全体的にボリュームなく、細長い

             
HOME韓国北部全羅北道全羅南道慶尚北道慶尚南道
大邱慶州中心慶州郊外慶州博物館
京都北京都南奈良市奈良市外滋賀北滋賀東滋賀南近畿関東