石燈籠をたずねて 奈良市外
HOMEQ&Aお問い合わせ
奈良県の石燈籠 奈良市以外
旅行や勉強?に行った先で、古い燈籠や水鉢、石像などを集めて
みました。でも、ただ古けりゃ良いってもんでもありません。
やっぱり、姿、形が良く、品のある物がイイですね。
高さは目測、石質は推察です。アシカラズ。


石燈籠奈良市外編です。
石燈籠の各部名称
石燈籠
丹生川上神社形 (にうかわかみじんじゃ)  
時代 鎌倉時代   弘長4 1264年  石質 凝灰岩
寸法 高7尺    形状 6角
所在 丹生川上神社中社   吉野郡東吉野村小968  本殿右側
備考 すばらしい
神主さんがとても親切
見学に要許可
             
談山神社形 (たんざんじんじゃ)  
時代 鎌倉時代   元徳3 1331年  石質 花崗岩
寸法 高8.5尺    形状 6角
所在 談山神社   桜井市多武峯(とうのみね)319  参道
備考 どっしり、重厚感
             
東大谷日女神社形 (ひがしおおたにひめじんじゃ)  
時代 南北朝時代   永和元 1375年  石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 4角
所在 東大谷日女神社   桜井市山田989  本殿右側
備考 とてもスッキリしている
好みの形
             
法隆寺 (峯薬師形)
時代 鎌倉時代 石質 花崗岩、奈良石
寸法 高8尺    形状 6角
所在 法隆寺   生駒郡斑鳩町法隆寺山内1  五重塔そば
備考 どっしり、重厚感
             
飛鳥寺 (安居院形) 
時代 南北朝時代 石質 花崗岩、奈良石
寸法 高6尺    形状 6角
所在 飛鳥寺   高市郡明日香村大字飛鳥682  中庭
備考
             
当麻寺形 (たいまてら)  
時代 奈良時代  石質 凝灰岩
寸法 高7尺    形状 8角
所在 当麻寺   葛城市當麻1263
備考 日本最古の燈籠
             
春日神社  
時代 鎌倉時代   正中2 1325年 石質 花崗岩
寸法 高6.5尺    形状 6角
所在 春日神社   山辺郡山添村春日469
備考 プロポーションがいい
             
神波多神社形 (かんはたじんじゃ)
時代 鎌倉時代   正和元 1312年 石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 6角
所在 神波多神社   山辺郡山添村大字中峯山309
備考 完存
             
八柱神社  
時代 南北朝時代   正平14 1359年 石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 6角
所在 神波多神社   山辺郡山添村大字中峯山309
備考 完存
             
菅原神社  
時代 南北朝時代   建武5 1338年 石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 4角
所在 菅原神社広大天満宮   山辺郡山添村大字広大1120
備考 四角形の燈籠では在銘三番目
             
その他
鳳閣寺宝塔 (ほうかくじほうとう)  
時代 南北朝時代   正平24 1369年 石質 花崗岩
寸法 高8尺    形状    
所在 鳳閣寺   吉野郡黒滝村大字鳥住90
備考 鳳閣寺本堂から山道を15分
すばらしい
まるで、最近機械で作ったような精密さ
             
HOME京都奈良市奈良市外滋賀北滋賀東滋賀南近畿関東