石燈籠をたずねて 近畿、中部、四国他  千葉市の植木屋『千葉水石』
HOMEお問い合わせ
 近畿、中部、四国の石燈籠
旅行や勉強?に行った先で、古い燈籠や水鉢、石像などを集めて
みました。でも、ただ古けりゃ良いってもんでもありません。
やっぱり、姿、形が良く、品のある物がイイですね。
高さは目測、石質は推察です。アシカラズ。


近畿(大阪、兵庫、和歌山)
中部、中国、四国編です。
石燈籠の各部名称

西福寺石燈籠 new 

時代 室町時代  石質 花崗岩
寸法 高7.5尺    形状 6角
所在 西福寺 書院の庭  福井県敦賀市市原13-7
備考 宝珠後補
書院から庭におりて自由に見学できる
             

羽賀寺石燈籠 new 

時代 室町時代  石質 花崗岩
寸法 高7尺  基壇から高8尺  形状 6角
所在 羽賀寺 本堂前  福井県小浜市羽賀83-5
備考 中台以下旧物
本堂が再建された室町中期文安4年(1447年)頃に造られた物か?
             

館守神社石燈籠 (たちもりじんじゃ)new

時代 南北朝時代   至徳3 1386年   石質 安山岩
寸法 高3.5尺    形状 6角
所在 館守神社 入って左手  岐阜県不破郡垂井町府中2525 
備考 旧民安寺石燈籠
欠けた基礎、竿と中台、笠のかけらが遺っている
             
大阪

春日神社石燈籠 

時代 鎌倉時代    延慶2 1309年  石質 花崗岩
寸法 高6.3尺    形状 6角
所在 春日神社 拝殿右手前  大阪府茨木市春日5-6-1 
備考 小さな、ひなびた神社に今はあるが、元は違う所にあったのか?
基礎や中台など鎌倉期とは思えず
             

三之宮神社石燈籠 

時代 鎌倉時代     石質 花崗岩
寸法 高6.6尺    形状 6角
所在 三之宮神社 本殿前右端  大阪府牧方市穂谷2-7-1 
備考 完存、近づけず
笠薄く、蕨手小さいが全体にバランス良く
どっしりとしている
             

片埜神社石燈籠 (かたのじんじゃ)

時代 鎌倉時代     石質 花崗岩
寸法 高6.5尺    形状 6角
所在 片埜神社 拝殿前左側  大阪府牧方市牧野阪2-21-15 
備考 完存
火袋4面に梵字文様
             

忍頂寺石燈籠 

時代 鎌倉時代      石質 花崗岩
寸法 高9尺    形状 6角
所在 忍頂寺 本堂前  大阪府茨木市忍頂寺258 
備考 基礎、中台のみ旧物
本堂裏に五輪塔(鎌倉時代 元亨元年 1321年)あり
石燈籠も同時代か?
             

忍頂寺石燈籠基礎 

時代 鎌倉時代      石質 花崗岩
寸法 高9尺    形状 6角
所在 忍頂寺 本堂前  大阪府茨木市忍頂寺258 
備考 基礎側面二区格狭間
上面に竿受
             

興善寺石燈籠 

時代 南北朝時代   正平21 1366年  石質 砂岩
寸法 高7尺    形状 8角
所在 興善寺 本堂前右手  大阪府泉南郡岬町多奈川谷川1460
備考 宝珠後補、笠、火袋、中台大破
完形は、基礎と竿
本堂正面に江戸時代の模造石燈籠が建っている
             

上宮天満宮石燈籠 

時代 南北朝時代    石質 花崗岩
寸法 高5.5尺    形状 6角
所在 上宮天満宮 本殿右脇玉垣内  大阪府高槻市天神町1-15-5
備考 宝珠後補、笠大破、近づけず
             

三之宮神社石燈籠 

時代 室町時代     石質 花崗岩
寸法 高6尺    形状 4角
所在 三之宮神社 本殿前左  大阪府牧方市穂谷2-7-1 
備考 完存、近づけず
装飾少なくシンプル
             
兵庫
清薗寺石燈籠 (せいおんじ) 
時代 南北朝時代   貞和3 1347年 石質 凝灰岩
寸法 高8.3尺    形状 8角
所在 清薗寺 寺中央  兵庫県丹波市市島町下竹田68
備考 完存
基壇を入れると高さ9.4尺
石質のおかげで彫刻がクッキリ
             

十二社神社石燈籠 

時代 南北朝時代    石質 花崗岩
寸法 高8尺    形状 6角
所在 十二社神社 本殿手前左手  兵庫県美方郡香美町香住区由良
備考 完存
竿も6角のせいか全体に角ばって見える
何も情報がなく訪問したが、行ってみてビックリ
滋賀県草津市の三大神社の石燈籠(鎌倉時代 正応4年 1291年)に
似ている
             
和歌山

相賀神社石燈籠 (おうがじんじゃ) 

時代 南北朝時代   正平10 1355年 石質 砂岩
寸法 高6尺    形状 6角
所在 相賀神社 本殿前右手  和歌山県橋本市市脇2-7-8
備考 完存? 基礎後補か?
小ぶりだが、スタイル良い
             
三重

延寿院石燈籠 (えんじゅいん)  

時代 鎌倉時代   徳治2 1307年  石質 凝灰岩
寸法 高7.5尺    形状 6角
所在 延寿院 本堂前  三重県名張市長坂755  
備考 竿の形が変わっている
なかなか
             

春日神社石燈籠 

時代 南北朝時代   正平8 1353年 石質 凝灰岩
寸法 高5.5尺    形状 4角
所在 春日神社  三重県名張市矢川
備考 宝珠後補
             
岐阜

長滝白山神社石燈籠 

時代 鎌倉時代  正安4 1302年 石質 安山岩?
寸法 高10尺    形状 6角
所在 長滝白山神社 拝殿前広場  岐阜県郡上市白鳥町長滝138  
備考 完存
高さもあるし、中台も大きい
             
岡山

頼久寺石燈籠 (らいきゅうじ) 

時代 南北朝時代    暦応2 1339年 石質 花崗岩
寸法 高5尺    形状 4角
所在 頼久寺 庭園中庭  岡山県高梁市頼久寺18 
備考 竿のみ旧物、庭園を造った時(江戸時代初期)に寄せ集めた物か?
火袋、中台は、南北朝時代の
別物
基礎、笠は、江戸時代
             

総社石燈籠 (そうじゃ) 

時代 南北朝時代     石質 安山岩
寸法 高7尺    形状 8角
所在 総社 本殿左脇  岡山県加賀郡吉備中央町加茂市場1567
備考 完存、火袋に六地蔵
弘安3年(1227年)の銘が刻まれいたという説があるが判読不明
本殿正面階段右脇に地蔵石仏があり、貞治4年(1365年)の銘があり
同じ頃の物か?
京都丹後系の石燈籠
             
広島

厳島神社石燈籠 康頼燈籠  

時代 室町時代     石質 凝灰岩
寸法     形状 8角
所在 厳島神社 揚水橋足元  広島県廿日市市宮島町1-1  
備考 近くに寄れない
火袋に地蔵尊、笠に蕨手なし
言い伝えによると平康頼(平安後期〜鎌倉初期)が寄進した燈籠と
いわれているが時代が合わず
             
香川

白峯寺石燈籠 (しろみねじ) 

時代 鎌倉時代    文永4 1267年  石質 花崗岩
寸法 高6.3尺    形状 6角
所在 白峯寺 頓証寺殿左側  香川県坂出市青梅町2635 
備考 完存、京都市内北野天満宮石燈籠に似ている
京都方面で造られた物か?
             

大水上神社石燈籠 (おおみなかみじんじゃ) 

時代 南北朝時代    康永4 1345年 石質 凝灰岩
寸法 高9尺    形状 6角
所在 大水上神社 本殿前  香川県三豊郡高瀬町羽方2677-2
備考 宝珠後補、竿太く、長い
竿に雲竜文様
             
HOME韓国北部全羅北道全羅南道慶尚北道慶尚南道 釜山
大邱慶州中心慶州郊外慶州博物館
京都北京都南奈良市奈良市外近畿 中部 四国他関東 東北
滋賀県北部東近江市蒲生郡滋賀県南部