石燈籠をたずねて 近畿、東海
HOMEお問い合わせ
近畿、東海の石燈籠
旅行や勉強?に行った先で、古い燈籠や水鉢、石像などを集めて
みました。でも、ただ古けりゃ良いってもんでもありません。
やっぱり、姿、形が良く、品のある物がイイですね。
高さは目測、石質は推察です。アシカラズ。


近畿、東海編です。
石燈籠の各部名称
三重

延寿院形 (えんじゅいん)  

時代 鎌倉時代   徳治2 1307年  石質 凝灰岩
寸法 高7.5尺    形状 6角
所在 延寿院 本堂前  三重県名張市長坂755  
備考 竿の形が変わっている
なかなか
             

春日神社形 

時代 南北朝時代   正平8 1353年 石質 凝灰岩
寸法 高5.5尺    形状 4角
所在 春日神社  三重県名張市矢川
備考 宝珠後補
             
岐阜

長滝白山神社形 

時代 鎌倉時代  正平4 1302年 石質 安山岩?
寸法 高10尺    形状 6角
所在 長滝白山神社 拝殿前広場  岐阜県郡上市白鳥町長滝138  
備考 完存
高さもあるし、中台も大きい
             
HOME韓国北部全羅北道全羅南道慶尚北道大邱慶尚南道
京都奈良市奈良市外滋賀北滋賀東滋賀南近畿関東