石燈籠をたずねて 滋賀県南部
HOMEQ&Aお問い合わせ
滋賀県の石燈籠 南部
旅行や勉強?に行った先で、古い燈籠や水鉢、石像などを集めて
みました。でも、ただ古けりゃ良いってもんでもありません。
やっぱり、姿、形が良く、品のある物がイイですね。
高さは目測、石質は推察です。アシカラズ。


滋賀県 南部  野洲市、守山市、栗東市、草津市
        湖南市、甲賀市、大津市

滋賀県は、南北朝時代以前の石燈籠の数では
日本一ではないでしょうか。
名品もかなりあります。ただ、盗難や行方知れずの物もあり
地震などで石が壊れて後補された物、寄せ集められた物
残った部材のままで放置されている物などまちまちです。
記録の為にそういう燈籠もUPしていきます。
中には、オヤッと思う物もあるかも知れません。
石燈籠の各部名称
野洲市
国主神社形 (くにぬしじんじゃ)  
時代 南北朝時代   石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 6角
所在 国主神社   野洲市小南2144    本殿右手
備考 笠が変わっている
             
守山市
小津神社形 (おづじんじゃ)  
時代 南北朝時代  石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 6角
所在 小津神社   守山市杉江町495   表参道奥左側
備考 寄せ集め?
基礎旧物
             
栗東市
安養寺中台  
時代 鎌倉時代   石質 花崗岩
寸法 幅2.7尺    形状 8角
所在 安養寺   栗東市安養寺88   本堂前
備考 火袋を受ける8角座
高8尺燈籠の中台か?
             
湖南市
観音寺形  
時代 南北朝時代   石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 6角
所在 観音寺   湖南市夏見1753   寺裏庭
備考 完存
笠が変わっている
国主神社石燈籠と同じ作りの笠
             
善水寺形 (ぜんすいじ)  
時代 鎌倉時代   石質 花崗岩
寸法 高5尺    形状 6角
所在 善水寺   湖南市岩根3518   庫裡中庭
備考 笠、中台なし
受付の方に案内していただく
             
甲賀市
水口神社形 (みなくちじんじゃ)  
時代 南北朝時代   康永元 1342年  石質 花崗岩
寸法 高6.5尺    形状 6角
所在 水口神社   甲賀市水口町宮の前3-14  入って左側
備考 六角型だが中台は八角型
             
飯道神社形 (はんどうじんじゃ)  
時代 鎌倉時代   石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 6角
所在 飯道神社   甲賀市信楽町宮町7   本殿左手
備考 駐車場から山道30分
笠と火袋の火口の形が変わっている
なかなか
             
日雲神社形 (ひぐもじんじゃ)  
時代 鎌倉時代   嘉元4 1306年  石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 6角
所在 日雲神社   甲賀市信楽町牧78  本殿右手
備考 見た感じは南北朝時代ごろ
             
大津市
建部大社形 (たけべたいしゃ)  
時代 鎌倉時代   文永7 1270年  石質 花崗岩
寸法 高7尺    形状 6角
所在 建部大社   大津市神領1-16-1  本殿右側 
備考 姿、特に中台が変わっている
             
関蝉丸神社形 (せきせみまるじんじゃ)  
時代 鎌倉時代   石質 花崗岩
寸法 高9尺    形状 6角
所在 関蝉丸神社   大津市逢坂1-15-5   
備考 宝珠後補
大きくて、迫力がある
すばらしい
             
石山寺形   
時代 室町時代   石質 花崗岩
寸法 高6尺    形状 6角
所在 石山寺   大津市石山寺1-1-1   
備考 本堂に登る階段途中左側にあり
             
HOME京都奈良市奈良市外滋賀北滋賀東滋賀南近畿関東